収納の代わりに窓にしてみては

2011/09/05

少し遅くなりましたが先日、話題の『断捨離』を読みました。

今使わないものは、『今の自分に』必要ではないもの。
精神的な不安などから、物を貯める。
ストックする。
だから部屋が片付かない。
だから部屋に埃が溜まる。
だから気分も良くならない。
だから掃除もはかどらない。
そして、散らかり放題。
という、悪循環。

ストックしないと不安な気持ちを『断』して
今、必要ないものを『捨』して
悪い気持ちや不安、物への執着から『離』する。

簡単に説明するとこのようなことです。(著者の方、簡単過ぎてゴメンなさい)

これはなかなかの上級テクです。
実際に著者の方の講座に参加して手ほどきを受けると、何とかなりそうな気がしますが、
著書を読んだだけで実践していくのは、なかなかむずかしいのでは。

建築設計する際にもやはり、主婦の方には『収納多めに』と希望されます。
もちろん、収納は多めに計画しています。
ですが、一般的に床面積の10%から、多くて15%程度でしょうか。

建築家の故・宮脇壇は
『キッチンの吊戸棚は窓にでもして景色を眺めて楽しく料理でもしてみては』
と言っていました。
現代日本の食文化になると、和食、洋食、中華と種類が豊富で、
それに合わせた食器、鍋や調理器具が必要なので、なかなか難しいことです。
ですが、住宅のキッチンはレストランの厨房とは違います。
単なる作業場ではありません。
機能的であることは必要ですが、
楽しく料理ができなくては、そこはもう単なる作業場でしかありません。
作業場なのであれば、いっそのこと旦那様から夕飯料金を頂きましょうか。
旦那様が帰宅した際に、『へい、いらっしゃい』とでも言ってみましょうか。

私達もよく、計画段階で物を整理されることをご提案します。
もちろん、皆様も理解されています。
ですが、なかなかうまくいかないものです。

収納のための建物を建てられる人はよいのですが、
一般的には収納を多めにした分だけ居住面積が狭くなります。
隙間収納などを沢山造ると、その分予算がそちらに回ります。

限りある予算。
限りある面積。
せっかく建てる家ならば、断捨離を駆使してでも
最大限の居住面積と一般的な収納で、
快適に暮らしてみてはいかがでしょうか。


設計・監理の仕事とは

2011/06/22

設計・監理の仕事で、『設計』はもちろん設計図を画きます。
『画く』事が仕事なのではなく、建築の『設計』をするのが仕事です。

何が違うのかと言いますと、
ただ『法規に合致するよう』に画けば良いのではなくて、より良い空間、より心地よい空間を『設計』するのです。
ここが最も重要で、色々な建築家、設計者がいるなかで、皆それぞれ心地よい空間を と思いは同じですが、
それに対するアプローチの仕方が異なったりします。
価値観が多様化している現代では、建築計画学や人間工学などだけでは心地よい空間を造ることが難しい時代と言えます。
それをクリアし、より心地よい空間にすることが設計者にとっては、腕の見せ所でもあります。

では、『監理』の仕事とは何でしょうか。
現場『監理』です。 現場『管理』ではありません。
後者は、現場監督さんの仕事です。 工程や運営など実際に工事を動かす管理者です。

現場『監理』は、工事を設計図書と照合し、それが設計図書のとおりに実施されているかを確認すること。(建築士法より)
現場では、予想もしない事が起こったりします。
  (地盤の中に前の建物の基礎が埋まって残っていたなど、当然予想もしないことが本州の方ではごく稀にあったりするみたいです。
   ですが、これはさすがに驚きです。)
施工精度も、PCの画面上で描かれるミリ単位での作図のように、簡単にはいきません。
  (施工精度については許容誤差が定められているので、大きな誤差が出るような事は、ほとんどありませんのでご安心を。)

自分が画いた図面が、そのとおり施工されているかをチェックするのと同時に、
工事を進めていく上で、現場で起こった(又は起こり得る)事を検討して、図面で示した『質』をどのようにして実現するか。
『品質』の監理はもちろんですが、心地よい空間になっているかという『質』の監理です。

私たちは、お客様と何度も打合せを重ねて設計を進めて行きます。
それが図面に反映され、意図を持って図面化されていきます。
そしてそれを監理して、意図に沿うように仕上げ、お客様に引き渡す。
それが設計・監理の仕事です。


どんな家に住みたいですか?

2010/12/11

新築でも
リフォームでも
リノベーションでも・・・。

貴方が住みたいのはどんな空間ですか。
貴方のイメージを沢山話してください。
貴方が住みたい住空間を見つけてください。

打合せを重ねる事で
生活パターンも、あなたの好みも
具体化した案になります。

様々な情報と貴方の想いを
私たちが形にしてご提案致します。


リノベーションで困る事は?

2010/12/11

リノベーション工事は新築工事と違い
今まで住んでいた建物を改修しますので
在宅改修という選択肢があります。

在宅改修の場合は
そのまま生活をしながら
一方で工事を行うことになります。
細部までの打合せ・現場調査と工事工程の詰めが、ストレスの回避に繋がります。

また、戸建住宅などのお客様の場合、意外と多いのですが
既存の図面が無いことがあります。
ご自宅の図面は保存しておいていただけると大変助かります。

もちろん、ご提案前に採寸させていただくのですが、
排水管など土地の中に埋まっている部分があります。
ある程度予測は立てられるのですが、それでも難しい工事になることがあります。


新築とリノベーション どちらがお得?

2010/12/11

新築に建て直すか、リノベーションをするか、で悩むところですが、費用的に見れば、
資材代、解体費、処分費の違いから新築よりリノベーションの方がはるかにコストダウンになり、お得です。
また、バリアフリー改修促進税制、省エネ改修促進税制など、税制上も改築にメリットがあります。


リフォームとリノベーションの違い

2010/12/10

『リフォーム』とは
悪くなった部分を元の状態に近づける事で
一般的には見えている部分のメンテナンスの事を言います。

それに対して
『リノベーション』とは
建物の大規模改修を指していて
間取りや構造を変更して機能や性能を向上させ、より快適な空間に改善する事を言います。

大型リフォームに関しては、ただ見た目だけを綺麗にするだけでは一時しのぎの場合があります。
腐食の補強や構造体の改修、断熱性能の向上などを含め
より快適に住み続けていただけるためのご提案を致します。