コンクリート打設

2011/06/10

配筋が終えたら、コンクリート打設です。

所定の位置に配筋したものに型枠を建て込み、コンクリートを流し込みます。
この型枠を変えることで、コンクリートの表面の質を変えています。
コンクリート打放しや、木目を残したものなどもあります。(北海道知事公館を囲む塀は木目が残る型枠です)


二度目のコンクリートを打設するために、あらかじめ鉄筋を伸ばしておきます。
こうすることで一度目の部分と一体にすることができます。(上写真:鉄筋が何本か飛び出している)

基礎の上端にはアンカーボルトが出てきています。(下写真:緑色のテープが巻いてある部分)

これのアンカーボルトが土台の木材と基礎をガッチリ固定して荷重や震動を伝えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です