建て方

2011/06/20

基礎コンクリートを打設し養生したら、次は木造部分の建て方です。

柱を建てて、小屋梁を組んで『建物』らしい形になっていきます。
柱だけの写真では、なんだかさっぱりわかりませんが、
実際中に入ってみると間仕切壁の位置がなんとなく感じられます。

今回の建物は平屋建てなので、この写真は小屋組になります。

最近では筋交いの代わりに、構造用合板を使用することが多いです。
構造用合板を柱の外壁側に貼り付けることで、耐力壁として設計できます。

基礎コンクリート打設前に確認していた、アンカーボルトです。

このように所定の位置に設置して、土台と基礎を緊結します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です